プロ野球に関することを中心に勝手気ままに感想・意見・思い出話などを綴るサイトです。
オフィシャルサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あるはずのない風鈴の音や蚊取線香の匂いを感じる。はたまた緑が乏しい環境なのに蝉時雨が聞こえるような気がする。甲子園が始まると毎年決まって幼い頃の夏が蘇り、なんとも言いようもない懐かしい気分に浸るのだが、例年通り「栄冠は君に輝く♪」を耳にしてからその感覚に幾度となく包まれている。

北照、初戦敗退やはり夏と言えば甲子園、甲子園なくして“本当”の夏は始まらない。郷土の誇りを胸に戦う球児たちの姿は、裏で多少悪さをしようと、清々しく勇ましい。我家の娘と息子が揃って高校生のせいもあって、今年はいつにも増して選手たちを見る目はすっかり父親目線である。

さて、その夢の檜舞台に早くも大会3日目の第3、第4試合と続けて北海道代表の北照・旭川実業の両校が登場したが、残念ながらどちらも敗れてしまった。ぼくの住む南北海道代表にスポットを当てて見るってーと、2006年(平成18年)に駒大苫小牧が決勝で早実に屈した翌年から、これで4回目となる初戦敗退。あの3連覇に近づいた一時の勢いはいずこ…?である。

幼い時分の第40回大会(昭和47年)~54回大会(昭和61年)までの15年間で1回戦を突破したのが実に一度という暗黒期を経験し、過去の大会を振り返っても55回もの初戦黒星を献上している地区ゆえに慣れてはいるものの、プロ野球団が根付く現在の土壌でこれは寂しい。「よくやった」「善戦、善戦」などと一昔前のように慰めている場合ではない。「頑張れ、若人よ!」。

人気blogランキングへFC2 Blog Ranking
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://allsport.blog21.fc2.com/tb.php/759-dbe14f74
この記事へのトラックバック