プロ野球に関することを中心に勝手気ままに感想・意見・思い出話などを綴るサイトです。
オフィシャルサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤンキースの松井秀らを育てた石川県 星稜高校の山下監督が勇退することを発表した。春11度、夏14度、合計25度も甲子園に導き、1995年(平成10年)の夏の大会には準優勝するなど強豪校に育て上げた監督だ。山下監督の教え子として松井秀以外にも小松(中日)、湯上谷(南海・ダイエー)、村松(ダイエー→オリックス)、山本(近鉄・オリックス)など、多くの選手がプロの道に進んでいる。

星稜高校と言えば、明徳義塾戦の松井秀の5打席連続敬遠はもちろんだけど、個人的にはやはり、1979年(昭和54年)第61回夏の大会で尾藤監督率いる箕島高校(和歌山)との延長18回にもつれ込んだ激闘が印象に強い。

この試合を観ていて「おおっ、甲子園には魔物がおる!」「なんてこったい、本当に野球は筋書きのないドラマだ!」とやたら興奮した記憶がある。また一人、高校野球界の名将が姿を消してしまう、すごく残念だ。

人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://allsport.blog21.fc2.com/tb.php/6-8c8012c1
この記事へのトラックバック