プロ野球に関することを中心に勝手気ままに感想・意見・思い出話などを綴るサイトです。
オフィシャルサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神部 年男 (かんべ としお)

2年連続リーグ優勝に輝きながら、ファイターズの佐藤・淡口両コーチが解任通告を受ける異例の事態が発生した。不信感を露にする選手も少なくないようだが、球団は違えど同じ退団でも自ら身を退くコーチもいる。現役時代は先頃古巣に指導者として復帰した荒木大輔に背番号「11」を譲った選手でもある。

神部年男1943年(昭和18年)、兵庫県高砂市生まれ。高砂高校から三菱製紙を経て富士鉄広畑に進み、1968年(昭和43年)の都市対抗野球ではチーム優勝を導く活躍を見せた。翌年それが評価に繋がり、脚光を浴びる太田幸司の陰に隠れるようにドラフト2位でバファローズに入団する。

1年目から8勝をマークし翌年も自己最多となる51試合に登板し10勝、更に13勝と勝ち星を重ねた。4度目の2桁勝利を飾った1975年(昭和50年)のホークス(南海)戦ではノーヒットノーランを達成するも、3年後の1978年(昭和53年)に佐藤・寺田と共にマニエル・永尾との交換トレードでスワローズに移籍する。

しかし、新天地で思うように力を発揮できず、3年目の1981年(昭和56年)に僅か1勝に終わると現役を引退した。翌年よりスワローズに残り投手コーチ、1986年(昭和61年)からバファローズ・ブルーウェーブの投手コーチを務め一度退団するも、一昨年から再び1軍の投手コーチとして復帰し指導にあたっていたが、先日退団の申し入れを受理されユニホームを脱いだ。

【 生涯通算成績 】(実働12年) 370試合登板、90勝89敗、16S、防御率3.15

人気blogランキングへ  FC2 Blog Ranking
この記事へのコメント
2007.11/05(月) [昭和野球小僧]
2007.11/05(月) [シルク@仕事中]
2007.11/05(月) to昭和野球小僧さんへ[kane]
2007.11/05(月) toシルクさんへ[kane]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://allsport.blog21.fc2.com/tb.php/547-9cda1c9e
この記事へのトラックバック