プロ野球に関することを中心に勝手気ままに感想・意見・思い出話などを綴るサイトです。
オフィシャルサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
片岡 篤史 (かたおか あつし)

2年目の木下が完封勝利で対ホークス戦の連敗を「8」で止め、更に1951年(昭和26年)に大下が残した連続試合安打「24」の球団記録に並ぶ稀哲の活躍などで敵地での勝ち越しに成功した。気分がすこぶる良いので今回はファイターズ絡みの話題に。このシリーズの中で最も記憶に新しい選手の登場である。

片岡篤史1969年(昭和44年)、京都府生まれ。PL学園高時代は立浪、橋本、野村、1学年下の宮本らと共に甲子園で春・夏連覇の偉業を達成。その後、同志社大学を経て1991年(平成3年)、ドラフト2位で指名されファイターズに入団し1年目からレギュラーポジションを獲得する。

当時、ビッグバン打線と呼ばれていたラインナップにあって不動の3番打者として活躍。打率3割を超えたシーズンは2度、ホームランの自己最多本数も21と決して飛び抜けた成績を残していないが、パ・リーグ史上最高数の113を含む最多四球を2回記録するなど、選球眼の良さと勝負強さは際立っていた。

2002年、FA宣言しタイガースに入団。移籍した年は不振に陥るも、翌年には持ち前の打撃が復活し、チームの優勝に貢献。2004年以降は相次ぐ故障で代打での出場に留まり、関本らにポジションを奪われ昨年限りでユニホームを脱いだ。今季から関西テレビ他、札幌のラジオ解説者としても活躍している。

【 生涯通算成績 】(実働15年) 1569試合出場、1425安打、164本塁打、717打点、打率.270

人気blogランキングへ  FC2 Blog Ranking
この記事へのコメント
2007.05/22(火) 片岡さん[妃垣俊吾]
2007.05/22(火) [シルク]
2007.05/22(火) [青空百景]
2007.05/22(火) [プライセス]
2007.05/23(水) toシルクさんへ[kane]
2007.05/23(水) to妃垣俊吾さんへ[kane]
2007.05/23(水) to青空百景さんへ[kane]
2007.05/23(水) toプライセスさんへ[kane]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://allsport.blog21.fc2.com/tb.php/471-ef4a6b59
この記事へのトラックバック
2007.05/21(月) ○日本ハム 5-4 SB【11回戦】