プロ野球に関することを中心に勝手気ままに感想・意見・思い出話などを綴るサイトです。
オフィシャルサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関本 四十四 (せきもと しとし)

更新が滞っているせいもあるけど、このカテゴリーの記事を書くのは ほぼ5ヶ月ぶりになる。「さて誰にしよう?」と考えていたところ昨日 会社の同僚が“44”歳の誕生日を迎えたということである選手を思い出した。もの凄い強引ながら「44」の数字で連想する選手と言えばこの人、一時期光を放った投手である。

関本四十四1949年(昭和24年)、新潟県糸魚川市生まれ。糸魚川商工時代から伸びのあるストレートの評価が高く1968年(昭和43年)、ドラフト10位でジャイアンツに入団するが、3年間は打撃投手同然の扱いを受け一軍登坂のない日々を重ねた。(同期にはスワローズの高田監督らがいる)

4年目の1971年(昭和46年)に川上監督の目に留まり背番号を「53」から「20」に変更されローテーションに定着すると10勝、防御率2.28をマーク。最優秀防御率を獲得し若松との新人王争いを制する。しかし、1976年(昭和51年)には加藤初、伊原とのトレードで太平洋に移籍。1977年(昭和52年)にはホエールズへ再び舞台を移すも未勝利のまま翌年ユニホームを脱いだ。

引退後は野球解説者を経て1986年(昭和61年)から6年間ジャイアンツの1軍投手コーチに就き一度退団し現場を離れる。その後、2004年に今度は2軍の投手コーチとして復帰。2006年からは3度目の評論活動を開始し現在に至るが小気味の良い解説で個性を発揮、人気を博している。名前の「四十四」は、関本の父が44歳の時に生まれたことに由来しているらしい。

【 生涯通算成績 】(実働11年) 166試合登板、27勝41敗、1S、防御率3.14、新人王、最優秀防御率1回

人気blogランキングへ  FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
先日、「守りのチーム」であることを改めて証明するようにファイターズの7選手がゴールデングラブ賞に輝いた。過去、ブレーブス・ライオンズの“8人選出”には及ばなかったものの球団史上最多の受賞。パ・リーグの9人の顔ぶれの中7人を占める写真なんざ見ると、さすがに誇らしくつい頬も緩むというものだ。

藤井、未だオファーなしそんな頬の緩みもFA宣言した藤井の話題に触れると心なしか引きつった表情に変わってしまう。「11球団OK!」の姿勢で新天地を求めて高らかに発表したものの、未だ国内球団からのオファーなし。残念ながら、ファイターズの保留選手名簿に掲載されてしまったのである。

藤井は1軍登録日数が145日を満たし8シーズンに達すれば国内FAできる制度となってから初の宣言選手。しかし、今後このまま どことも契約ができなかった場合、野球協約には海外だけでなく国内独立リーグの球団とも契約できないことが明記されており、来季マウンドに立つ道が閉ざされることになる。

ファイターズには再契約する意思がないようなので、保留選手名簿に載せたまま選手枠を無駄に使うより自由契約にする可能性が極めて高い。それでも手を差し伸べてくれる球団がなければ最低年俸まで下げられても契約するしかない状況まで陥る。短期間だとは言えチームに貢献してくれた選手、何とか悔いの残らない現役生活を送れるよう門戸が開けば良いが。

「身の程知らず」と揶揄されては、ちょいとばかり忍びない…。

人気blogランキングへ  FC2 Blog Ranking