プロ野球に関することを中心に勝手気ままに感想・意見・思い出話などを綴るサイトです。
オフィシャルサイト
西本 聖 (にしもと たかし)

ファイターズがマイケル中村や八木を交換要員に二岡や今岡の獲得に動くとされる件や、連日熱戦に沸く日本シリーズについて等、取り上げるネタがあるにも関わらず敢えて“昔話”である。星飛雄馬を真似たというフォームが印象的で、一貫してストイックまでに野球に打ち込む姿勢を見せ続けた選手であった。

西本聖1956年(昭和31年)、愛媛県松山市生まれ。松山商から1975年(昭和50年)、脚光を浴びる定岡の陰に隠れるようにドラフト外で入団。持ち前の負けん気の強さと並外れた練習量が実を結び、2年目にイースタン・リーグで最多勝を獲得すると翌年には8勝を挙げ1軍に定着する。

1980年(昭和55年)の14勝を皮切りに6年連続2桁勝利を記録。特に1981年(昭和56年)には18勝12敗の成績でチームのリーグ優勝に貢献すると共に沢村賞を受賞し、日本シリーズでも1完封を含む2完投勝利で見事MVPを受賞した。その後ライバル江川の引退や皆川コーチとの確執などもあり、1989年(平成元年)に中尾とのトレードで加茂川と共にドラゴンズに移籍する。

移籍1年目に20勝で初の最多勝を獲得するも椎間板ヘルニアの術後2年で自由契約に。その後ブルーウェーブに移籍し5勝をマークするが再び自由契約となりジャイアンツに復帰、しかし1軍に上がれぬままユニホームを脱いだ。2003年の1年間タイガースの投手コーチを務めリーグ優勝を果たしたものの星野監督の勇退に合せ退団、現在は解説者として活躍している。

【 生涯通算成績 】(実働20年) 504試合登板、165勝128敗、17S、防御率3.12、最多勝1回、最高勝率1回、沢村賞1回

人気blogランキングへ  FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト