プロ野球に関することを中心に勝手気ままに感想・意見・思い出話などを綴るサイトです。
オフィシャルサイト
「今更かい!」と言われそうだが、今回はずーっと気になっていたマリーンズの新しい“戦闘服”について苦言を呈したいと思う。全日本プロ野球ユニホームフェチ協会(もちろんそんな団体は存在せず、会員数未だ2名)の会長兼事務長に就く立場であるが故に、このまま通り過ぎる訳にはいかないのである。

マリーンズ新ユニホーム

今になって知らない人はいないと思うが、キャンプインに合わせ発表されたのが画像のニューモデルだ。旧来のピンストライプタイプはそのまま残し、基調色に赤を強めたセカンドホーム用と球界初となるグラデーションを採用したビジター用が新たに登場、今江・里崎・渡辺の3選手が代表しフラッシュを浴びた。

好みは人それぞれなので一概には言えないが、見た瞬間、「どうした? マリーンズ」と球団のセンスを疑ってしまった方も少なくないはずだ。「パシフィックリーグにおける強豪チームにふさわしい、洗練されたデザインを目指しました」と高らかに自信に満ちた発表をする㈱デサントのコメントが妙に虚しく感じる。

縁取りぐらいにしておけば良いものを赤のセンターラインが昨季までの黒よりも主張しすぎているし、グラデーションは残念ながら単に色落ちしているかのようにしか見えない。以前一度しか日の目を見なかった初代タイガーマスクを彷彿させる黒ズボン(侍という名のもんぺ)の二の舞にならないことを祈るばかりだ。

シンプルでカッチョ良かった一昔のスタイルに戻れるのが賢明だと思うが。ファンの方々は一体どー捉えているのだろう…?

人気blogランキングへ  FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト