プロ野球に関することを中心に勝手気ままに感想・意見・思い出話などを綴るサイトです。
オフィシャルサイト
昨季、25年ぶりのリーグ優勝、44年ぶりの日本一に輝いたファイターズが序盤の不振を乗り越え球団史上初、パ・リーグでは7年ぶりとなるリーグ連覇を成し遂げた。この日もマリーンズを9-1と一蹴、ゴールしてみると78勝58敗5分、貯金20で2位に5ゲームも離し、「どうだ!」とばかりにその強さを誇示した。

球団史上初、リーグ連覇達成

思えば、5月19日から6月8日までに白星を重ねた14連勝で交流戦も制覇しており昨年のアジアシリーズのタイトルを含めほぼ1年に亘って公式試合負け知らず。これだけの戦いをしながらいつも不安がつきまとっていたのも裏を返せば常に優勝争いを演じていたという証拠、改めてチームの進化を感じる。

優勝できたのは貧打を機動力でカバーし、投手を主体とした守りの野球を貫けた事が最大の要因。その場凌ぎの大型補強に頼らず、木下、吉川、陽、工藤、小谷野など昨年ベンチ入りしてもいない若手の現有戦力を起用し、個々の持った力をトータルで穴埋めするあたりが実に理想的で頼もしい限りである。

歓喜に沸く映像を観ていても涙腺の脆いボクが目頭を熱くせず比較的冷静でいられたのは「感動」より「感心」が先に立ち、まだ通過点に過ぎないという気持ちが働いているからだ。10月13日から始まるクライマックスシリーズを制し更なる次の高い頂へ、贅沢な幸せを感じつつ一日でも長くその戦況を見られるようハンカチ片手に気合を入れて応援せねばなるまい!!

人気blogランキングへ  FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト