プロ野球に関することを中心に勝手気ままに感想・意見・思い出話などを綴るサイトです。
オフィシャルサイト
少し不安だけど、自信がある。まるで受験票を片手に合格発表を見に行くような緊張感だ。今まで長いことプロ野球を観てきて初めて味わう新鮮な感覚に戸惑う中、午後6時11分 ついに日本一の栄冠をかけた熱戦の火蓋が切って落とされた。

ダルで初戦飾れず先発は予定通りダルビッシュ。初回こそ危なげなかったものの2回以降は制球が定まらず自らの判断ミスからも傷口を広げ結局3点を献上、後を継いだ武田久も1点を奪われ2-4で敗れた。一時はセギノールの適時打、新庄の犠飛で同点に追いついただけに残念である。

明らかなサインミス、バラバラなインサイドワーク、ダルはもちろん受ける鶴岡からも浮き足立っている様子が何度も伝わる、残念ながら若さと経験のなさが露呈してしまった。交流戦で対戦しているにも関わらず普段の野球ができない、やはり日本シリーズという舞台の独特な雰囲気がそうさせたんだろうなぁ。

多少強がっている感は否めないが今日の敗戦は想定内、思いの他ショックがない。なぜなら、過去2度の日本シリーズ出場で初戦をこぼした1962年(昭和37年)の方が日本一に輝いているからなのだ。「ハハハッ…」、自分でもあまりにも苦しい“安心理論”と解っているけど、どーかほっといていただきたい。

人気blogランキングへ  FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト